豊島区立明豊中学校

2017/11/01 07:54 更新
2480

学校長あいさつ

本校は、副都心である豊島区池袋の間近にありながらも、比較的静かな住宅地を学区域に持つ学校です。  しかし、第十中学校・千早中学校・長崎中学校が統合されて生まれた本校は、生徒たちの溢れんばかりのエネルギーを持ち、学校行事や部活動にも熱心に取り組んでおり、好成績・好記録を残しています。  私は、ふるさとが豊島区で本校の学区域の中の長崎や千早町で生まれ育ちました。今在籍している生徒達と同じように、この町で育ちましたので、恩返しの意味も込めて、誰よりも学校・地域を愛し、生徒の育成に励んで参りたいと考えています。   「明豊」とは、常に希望の光に照らされながら、明るく輝ける中学生として、心豊かに自ら学び、明日に向かってほしいという願いを込めて命名されたものです。全校生徒が、一人ももれなく「成長し活躍する学校」、そして地域から愛され「誇りに思ってもらえる学校・生徒」を目指して参りますので、よろしくお願いいたします。

教育目標

人権尊重の精神を基調とし、国際社会に貢献できる人間性豊かな生徒の育成を目指す。

   ○自ら学び深く考える生徒
   ○思いやりの心と強い意志をもつ生徒
   ○健康で明るく、礼儀正しい生徒

学校経営方針

「心」を感じ、「心」を読み、「心」で動く生徒の育成を目標(スローガン)に掲げ、公立学校の果たす役割・使命を踏まえ、豊島区教育委員会の教育目標及び豊島区教育ビジョン2015の方針に基づき、本校の教育目標の実現に向けて、保護者や地域の信託に応える教育活動の推進を図る。
  1. 教育活動全体を通して人権尊重の理念の正しい理解を促し、思いやりの心や社会生活の基本的ルールを身に付け、家庭・地域との連携に立って社会の一員としての自覚や態度を育てる。
  2. 各教科領域に渡って道徳教育を推進し、道徳的な心情を豊かにし、「思いやりの精神」「他者と強調する心」「自他の生命を尊重する心」「社会奉仕の精神」などの育成を図り、自らが成長を実感できるよう指導する。
  3. 各教科領域に渡って道徳教育を推進し、道徳的な心情を豊かにし、「思いやりの精神」「他者と強調する心」「自他の生命を尊重する心」「社会奉仕の精神」などの育成を図り、自らが成長を実感できるよう指導する。
  4. 生徒一人一人の特性や、興味・関心に応じた多様な教育活動を展開し、豊かな個性と能力の伸長を図るとともに、「豊島の子七か条」にある生徒像を念頭において、探究心をもって学習する自主・自律の精神を育成する。
  5. 基礎的・基本的な知識及び技術の習得・活用を重視し、習熟度別少人数授業やティームティーチングを行うなど、指導方法の工夫・改善やICT機器の効果的活用に努め、生徒一人一人の学習状況に応じたきめ細かな指導を実践する。
  6. 保健体育の授業や食育を中心に、学校生活全体を通して体育的活動の充実を図り、体力の向上・健康の保持増進に対する意欲や実践的な態度を養い、明るく豊かな生活を営む態度を育てる。
  7. 各教科の学習はもとより各領域において、様々な体験的活動や体験する機会を与えることによって、生徒自らその体験から「自己有用感」を獲得できるようにし、それに基づく「規範意識」を育ませる。
  8. 学校改善の検討・実施を計画的に進めるために、各教育活動の自己評価を実施するとともに学校関係者評価・学校評価を実施し、結果の分析・検討・改善に繋げる学校評価システムを構築させる。
  9. 「としま土曜公開授業」の工夫・充実を図り、学校・家庭・地域との連携が深まるようにするとともに、開かれた学校づくりを推進する。

学校概要

配布文書はありません。

学校だより

配布文書はありません。